12月5日(水)福浦ビーチツアーログ!


朝と夜は真冬の寒さなのに昼は若干汗ばむほどの暖かさ…この気温差どうにかなりませんかねぇ…差があり過ぎて風邪ひいちゃうよ…むしろ一周回って元気になっちゃうよ…元気な菅谷です…お店は定休日だけど福浦ツアーに行ってきましたよ!

担当はまゆちゃんと菅谷だったのですが「わしも行くー」と寒暖差にすっかり弱ったのか誰かから感染されたのか、声がガサガサな風邪っぴきチーフも参戦してスタッフ三人とお客さん4人で行ってきましたー!

そしてお客さんにカメラ持ちダイバーが居なかったので水中の写真は今回は無しです!今日のダイビングログは菅谷がひたすらに文字を連ねていくぜ!

担当:まゆちゃん、がー(+チーフ)

天気:晴れ

水温:20℃

透明度:10m程

今回は行く頻度が比較的多い福浦なので練習を兼ねて菅谷が水中ガイドさせてもらいましたー

一本目は潜降して直ぐの小さい砂地にヒゲダイの赤ちゃんが葉っぱに擬態してふわふわ揺れながら泳いでおりました!

ちょっと沖に進むと広い砂地に出るのですがペットボトルのサークルがありまして、サービスさんによるとその円の中にウミテングが泳いでいるとのことでまゆちゃんと一緒に探すこと数分……

全っ然見つからない…

早急に諦めて次の生物を探しに。

ロープを伝って泳いでいくと目印がついている岩を発見!どうやらその岩のオーバーハングにはマツカサウオの幼魚がいるらしい!張り切って岩の下を覗いてみること数分…

あれっ…見当たらない…

自分の目では到底見つけられる気がしないので早めに諦めて次へGO!

またロープに戻って沖へ進んでいくとロープに沿ってふわふわしている物体を発見。近づいて見てみると若いアミメハギ!でも発見した当初は何のハギだか分らなかったのでクエストには「ハギの赤ちゃん」とだけ書いて紹介しました。まだまだ生物の名称は勉強不足っす!てへっ☆

そのままロープに沿っているとロープにくくられているボトルの上に鎮座しているギンポを発見!自分、ギンポって皆穴の中に入って生活しているのもなんだとばっかり思ってたんですけど存外そんなことないんですねぇ…エントリーエキジット口近くの浅場にも小さいギンポがふわふわ泳いでましたし…(゜o゜)

ギンポに次いで近くの岩でひなたぼっこしているムカデミノウミウシを発見!こちらも名称が分からなかったのでクエストに「ウミウシ」とだけ書いて紹介させていただきました!んなこたぁ見りゃ分かるわ!という程のざっくりな紹介!逆に菅谷にしかできない芸当っすわー!

ポイントの中腹までくるとサンゴタツがくっついているらしい岩場があったので岩の周りや下を探してみること数十秒…

いないじゃんかぁー!(絶望)

諦めが早いことに定評がある菅谷(自称)はさっさと切り上げて「Uターンしましょう」のハンドシグナルを皆に出すのでした…

そして帰り際も何か紹介できる生物はいないかとキョロキョロしている最中にまゆちゃんからこっち向いてのサインが。クエストをこちらに向けているのでよくよく見てみると「さっきマツカサウオとカミソリウオいたから帰りに紹介しよー」の文字列。

なん…だと…!?

帰りにまた岩場寄って覗いてみたら結構手前の方にマツカサウオちゃんじっとしてました!カミソリウオ(カップル)に至ってはお客さんのEちゃんが見つけてくれたそうです!菅谷の目めちゃくちゃ節穴じゃないですかーやだー!

見落としが目立つ一本目でした!

 

二本目もガー助がガイドとして先頭に泳がせていただきましたー

サービスさん曰く、ウミテングは8割の確率でサークルの中にいるというので潜降して直ぐにウミテングリベンジ!今度はまゆちゃん、チーフ、ガー助の三人態勢でめっちゃ探しました!

見つけられませんでした!(;_;)

これだけ探しても居ないんだからサークルから出て散歩に行ってるんだろうなーと自己完結して、次はロープより少し離れて岩場の上を泳いでいきました。

福浦の岩場はイソギンチャク畑があって以前はクマノミやミツホシクロスズメダイで賑わっていたそうなのですが今夏の台風の影響でイソギンチャクが壊滅してしまい、小さいイソギンチャクがぽつりぽつりと点在しているだけでした…クマノミの姿は見当たらず、小さいミツホシクロスズメダイ15匹程が一つのイソギンチャクにわらわらと集っているのみ…台風ぅ……(/_;)

ミツホシのほかに夏季秋季限定で見られるはずのトゲチョウチョウウオちゃんが!水温20℃だもんね、まだのびのびと泳いでおりました!12月なのにね!地球おかしいね!

そのまま岩場を泳いでいくと一本目で見つけられなかったサンゴタツの住み家があるので再びリベンジ!まゆちゃんが見つけてくれました!めっちゃ擬態上手な子でした!こんなん菅谷如きが見つけられるわけ無いわーい!\(^o^)/

Uターンの際も違う岩場を通りまして、途中で小さいイセエビがいる岩場があると言っていたのでお客さんとイセエビ探しをしました!自分も探していたのですが途中に肩をトントンされて「ここにエビいるよ」と指を差されたのでお礼を言うために後ろを振り返ってみたら3m程の大きいクリスマスツリーを綱で引っ張っているダイバーさんで「誰…!!?」と思ったのですがサービスのお兄さんでした(笑)

帰り際はチョウチョウウオをもう一種類見かけまして、「ゲンロクダイ」の赤ちゃんでした!チョウチョウ系はシラコダイとトゲチョウチョウしか分からない菅谷ですこんちゃーす!

ゲンロクちゃんを見つけてみんなでわちゃわちゃしている内に何やらまゆちゃんが両手をふんわりと合わせているじゃあ無いですか、〇っくろくろすけでも捕まえたかのような手つきです…そっとそーっと下にあった苔岩に定着させて……まゆちゃんの手の中から出てきたのは1cmほどの極小サラサウミウシでした!か、可愛いーー!!まゆちゃん曰く皆のフィンキックで吹っ飛ばされて水中に漂っていたそうです…あちゃちゃ~…フィンさばきには気を付けなきゃですね…反省反省…(-_-;)

 

こんな感じで慣れないガイド役をやって「諦めが早すぎる」&「目が肥えていない」という課題を見つけた菅谷でした!探し慣れないとダメですねぇ…(*_*)

2本潜ったあとにサービスさんにウミテングを見られなかったことを伝えると「え?サークル内にいたよ?」とのこと。

う、うそだぁ…全然分からなかったっす……(@_@;)

 

ダイビング後は真鶴で潜ったら大体ココで食べる!三太郎鮨さんでお昼ご飯を食べて帰りました!真鶴は帰りが早くて良いっすね!先に西新井のお客さんを降ろして帰ったのに18時前に春日部に帰ってこれました!なるべく早く家に帰りたくないっていう人にはお勧めできませんね!(笑)

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!来年もまた一緒に潜りましょうねー!