数々の試練、そして勝ち取ったいくつもの思い出・・・


お久しブリトニー 白岩です・・・(←この登場はOUT!?)

厳しい研修から帰国し、早いもので5日・・・

多くのメンバーの皆さんに

「写真楽しみにしてるよ〜(^ ^)」

「何撮ってきたの〜??」

と、嬉しいお言葉頂戴いたしておりました・・・。

「パラオ研修」

それは、試練の連続でした・・・

いきなりチェックダイブのジャーマンチャネル

(久々のウエットがあまりにもきつくて、水中で一人背中のファスナーを下ろそうともがいてた白岩・・・)

題名「結果、ブラックマンタメッチャトオイ・・・」

シンクロ選手も顔負けなアクロバティックポージングでブラックマンタを狙う中山

その後、すごい接近戦でノーマルマンタがきた!というのに

題名「マサカノストロボミハッコウ・・・・」

マンタのお腹は本当は真っ白なの・・・あぁなぜ青かぶり・・・

べストショット大賞はMOTOYASU NAKAYAMAの作品↓

ハンカチ噛んじゃうくらい素敵写真・・・

ふんっo(`ω´ )o

まだ初日だし〜、研修なんだから1日4本フルフル潜り倒すし、まだ余裕っしょ(*´∀`*)

この後、2度とマンタに遭遇する事はありませんでした・・・。

ストロボの光量弱すぎたかなぁ〜くらいにしか考えず、船の上でフンフン鼻歌混じりに、ムシャムシャお菓子食べてた罰でしょうか・・・

あんな重いカメラ道具手荷物でえっちらおっちら持ってって、保安検査所のゴリマッチョたちには「hey! youのその荷物はwhat it!?」て何度も「アンダーウォーターカメラセットだよ」と呪文のように唱えてきたのに・・・

自然光やないか〜い!!どないなっとんね〜ん!!

題名「レオパードシャーク真っ暗の巻」

2日目にして悟ったよ。私、厄年。(←全然違います)

マクロはバチコンで光るのになぜワイドにするとノーフラッシュな訳!?!?

って、もはや負のスパイラル囧rz

こーなったら、ホワイトバランスとISO感度いじりまくってグレイリーフシャーク撮ったった↓

最終日にして、ようやく原因を突き止めたものの、すでに時遅し・・・

白岩のパラオ研修は苦く厳しい戦いの連続でありました・・・

マクロは、事前に現地ガイドさんに絶対嫌われる量の見たい魚リクエスト出しといて、なんなら海の中でも「見せてね圧」出しまくりだったのに・・・

マクロアナニヘリフリッチフザイ・・・( ゚д゚)

「私、アケボノハゼですが何か!?」

あぁ、ブサ顔にしか撮れない・・・。ごめんよアケボノチャン・・・。でもヘリフリッチさんに会いたかった・・・。

去年ツアーで来させてもらった時に、みんな写真撮りまくってて、今度パラオに来たら、絶対撮らせてもらおう!って思ってたフチドリハナダイ&オオテンハナゴイ

「フチドリハナダイ」オス
「フチドリハナダイ」メス
「オオテンハナゴイ」

「ついでにハナゴンベも会えますよ!」ってブリーフィングで言われて、思わず初恋のあの胸のときめき再来したよね・・・

「ハナゴンベ」

この1本は、鼻息フガフガしすぎて、マスクに半分は確実に水入ってたね。

痛恨のミスでレンズが100mm(わかりやすく言うと、ダンゴウオちゃんサイズにぴったしのレンズ)だったので、ハナダイさんたちは少し大きくてフレームにどの子も入りきらないっ!!

と言う、プロらしからぬミスを犯しましたが、まぁ、あなたに会えてよかった(by小泉今日子)ですな。

そして、ずっと会ってみたかったナカモトモドキハゼを、なんとナカヤマモトヤスが見つける!(←なんか似てない??)

この時ほど、あなたと契りを交わしてよかったと思った事はないでしょう・・・

アリガトウ、ナカモトモドキミツケタナカヤマモトヤス(←もはや楽しくなってるだけ。)

可愛かったなぁ〜パラオ以外で会えないんじゃないかなぁ??(詳しくはgoogle先生へ聞いてみよう・・・)

と、まぁ、かくかくしかじかありましたが、試練も素敵な思い出・・・。

そうそう、私たちスタッフ写真もバッチリ撮ってきたので、次回のツアー表楽しみにしててくださ〜い♪

さぁ、この3連休は、ダンゴウオツアーだぞ〜)^o^(

月曜日の朝出「伊豆海洋公園ビーチ」が夜出に変更して、まだ募集中です!

あと3人入れますよ〜♪

伊豆のかわい子ちゃんたちに早く会いに行きたいなぁ〜(って実は昨日、我慢ならなくて伊豆に戻ってきましたので、伊豆編も近日UPしますね(≧∀≦))