EFR(救急救命法)

レスキューダイバーの受講前資格

日常生活での緊急時における応急手当とCPR(心肺蘇生法)のスキルを学ぶコースです。レスキューダイバーの受講前資格となっています。ノンダイバーでも受講可能です。また、AED(自動体外式除細動器)を正しく使用し、適用する方法を習得できます。

コース詳細

受講資格 どなたでも受講可(ダイバーでなくてもOK) ※ダイバーには、万が一に備えるためにも必修といえます。
コース料金 25,000円(教材・Cカード申請料含む) 再EFR 15,000円(Cカード申請料含む)
内容 (1) エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア(CPR)
(2) エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア(ファースト・エイド) EFR – 公式サイト
時間 約8時間

エマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア

このコースは生命にかかわる緊急時のための緊急ケアをカバーするものです。知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して万が一の際に「まず何をすればよいか?」を身につけ、躊躇することなく手がさしのべられるように学習します。

参加者が学ぶ主なスキル
(1)現場の評価 (2)バリアの使用 (3)一次評価 (4)レスキュー呼吸
(5)成人に対して1 人で行うCPR (6)ひどい出血の管理 (7)ショックの管理
(8)背骨の傷害の管理
AED(自動体外式除細動器)の使用方法のオリエンテーション(オプション)
気道閉塞で意識がある成人への対応のオリエンテーション(オプション)
緊急時における酸素の使用方法のオリエンテーション(オプション)

エマージェンシー・ファースト・レスポンス二次ケア

このコースは即座に生命にかかわらないケガや病気、あるいは地元のEMS(救急隊)が到着するのに時間がかかるか、利用できない場合を扱うものです。知識開発とスキル開発、現実的なシナリオ練習を通して二次ケアと適切なファースト・エイドに焦点を当てて学習します。

参加者が学ぶ主なスキル
(1)ケガの評価 (2)病気の評価 (3)包帯の使用方法
(4)骨折や脱臼のときのための副木の使用方法

CFC こどものためのケアコース

幼児や小児に対する人工呼吸やCPR(心肺蘇生法)を学ぶコースです。 成人向けとはまた異なるテクニックを習得します。 AED(自動体外式除細動機)の使い方も学びます。

受講資格 どなたでも受講可(ダイバーでなくてもOK)
コース料金 11,500円(教材・Cカード申請料含む) 再CFC 10,000円(Cカード申請料含む)
時間 約8時間

DAN 酸素プロバイダーコース

ダイビング時における事故者に対して、酸素を与えることは最も効果的と言われています。
酸素供給の知識を学び、いざという時に備えておきましょう。

受講資格 EFR修了者
コース料金 25,000円(教材・Cカード申請料含む) 再DAN酸素プロバイダーコース 15,000円(Cカード申請料含む)
時間 約6時間