あなたの知らないチーフの世界!〜数々の偉業…衝撃の事実がここに〜


「そこらへんの草でも食わせておけ!埼玉県民ならそれでも治る!」皆さんこんにちは〜!埼玉生まれ埼玉育ちのもやっきーです〜!誰が予想したであろう大ヒットになってるそうですね〜!映画「翔んで埼玉」!ださいたまと虐げられて40年…(最初はタモさんが行ったそうですよ〜)夏に行きたい都道府県、冬に行きたい都道府県、郷土愛(わかる気がする…)、漁獲高(海ないし!)、経験人数(え〜…)、社長排出率、総理大臣排出率、WORST.1、そして貧乳(!!)だけはNo.1の8冠だそうな…そんな埼玉にもやっと埼玉にも脚光が…埼玉県民としては見に行かなくては〜ですね!

そんな埼玉にダイビングショップシーズがオープンして30年!ダイビングショップ・シーズ30周年記念ツアーも来週に迫ってまいりました〜!今回はなんと15名!スタッフ込みの19名ですよ〜!海の中はもとより陸上も大勢で楽しみですね〜!いまからワクワクですな〜!

ああ素晴らしき名倉日出城伝説!!

海なし県にダイビングショップシーズをオープンして30年!もはや業界のレジェンド!神…仏と言われて久しいチーフですが、数々の伝説的な偉業を成し遂げている事でも知られています。

今日はそんなチーフの伝説的な出来事の数々を振り返りたいと思います…

なんでも直しちゃう…だって勿体ないもん…

ウオォ〜!!テンション上がるぜ〜!

直し屋清兵衛と異名を持つ事でも知られるチーフですが、とにかく何でも治したがります。昨日もまゆちゃんの自転車の修理に奮闘!サンダー片手に火花飛ばしてました〜!水没したダイビングのライトもメカーさんが修理不能と診断したにも関わらず、解体→分解→清掃→部品調達→修理にチャレンジ!見事復活させてのでありました〜!すごい!そしてこの度、某大手メーカーの24時間風呂を直すという偉業を達成いたしました〜!一体何屋さん?

ダイビングボートにて…

これはもう鉄板的な伝説として語り継がれている逸話でございます。機会があったら本人聞いて見てください。臨場感たっぷりに話してくれると思います。西伊豆の某ポイントでの事、お客様とチーフはボートダイビングに。全員が乗船し、さぁ出発とボートが出船するやいなや、船尾に座っていたチーフはまさかのバックロールエントリー!と言うか転覆!エントリー直前に乗船していたT54さんと目があったそうで、その時の顔がいまだに忘れられないよ〜(涙)…と申しておりました!!いやチーフ…それはT54さんのセリフです…

スローモーションの様にチーフが…

ダイビングポイントにて…

西伊豆の大瀬崎にて。チーフと数名のお客様が早朝ダイビングに。少々波があるが、そこは少年の様な冒険心に満ち溢れたチーフ。行っちゃおうと早朝ダイビングを敢行!楽しく早朝の大瀬を楽しんだのでありました。しかし大瀬スタッフさんから信じ難いコメントに耳を疑うのであります。「いや〜今日は潜水禁止なんすよ…。」

クリロナのポーズ?いやレジェンドのポーズ…

大丈夫だったんすか?って聞くと「だって潜れちゃったんだもん〜」ですって。さすがチーフ。大きな懐で挑めば海は友達。ボールは友達さ!でお馴染みの翼くんのようです。

エントリーにて…

伊豆大島の秋の浜にて…秋の浜とは大島の超有名ポイントであり、ビーチでもボートのようにジャイアントストライドエントリーする事でも知られています。特殊なENな事もあり事前に入念なブリーフィングに。チーフ自ら見本を見せる事になり、熱心に見つめるシーズメンバーは次の瞬間、信じられないセリフを耳にするのでありました!「あっ!フィンがな〜い!な〜い、な〜い…」ボチャ〜ン(フェードアウト&みずしぶき)


さすがチーフ。皆さんの緊張を解きほぐし、かつ悪いお手本も見せてしまう…そんな見本の見せ方PADIでも教えてくれなかったっす…

チーフ…首だけです…

先輩スタッフのTさんから初めて聞いたときは、笑って死ぬかと思いました。ある時、Tさんとチーフは1人乗りのカヤックの体験に参加されたそうです。カヤックのテクニックでバランスを崩した時に、艇を立てなおすリカバリーというのがあるそうな。インストラクターさんのお手本を見てチーフ達も挑戦。そこは思い切りの良いチーフ!がっつり体を傾けて、Tさんに尋ねました。「ねぇ!どう?!曲がってる?」

「チ、チーフ、曲がってるの首だけです!!」

さすがチーフ。ブレないのは精神のみならず体幹も…転覆しようとする事を自然と体が拒否ったのでしょう…

ボランティアにだって参加します!

地元の北海道が被災してしまった昨年は、ボランティアにも参加!ボランティアに参加される皆さんに言える事ですが、なかなかできない事ですよね。すごいな〜って思います。かっこ良いんです!男前っすね!

Navy blue paper coffee cup mockup

しかしそこは我らがチーフ。休憩で立ち寄ったコンビニで、疲れを癒そうと大好きなコーヒーを購入。お金を払う→コーヒーを入れる→車内でお疲れ〜のはずが、お金を払う→そのまま退店してしまったそうな…

流石はチーフ、どんな厳しい状況でもユーモアは忘れません。もちろん後でコップだけ持ってコーヒー回収しに行った事は言うまでもありません…

とここまで我らがボス。チーフの伝説の数々を列挙いたしましたが、まだまだ知らない伝説があると思います。こんなんあったよ〜って言うメンバーの方、いらっしゃったらぜひ教えてください。

次回は白岩真由子列伝〜あなたの知らない新語の世界〜で行こうかな〜?